当相談室について

理念

当相談室では、2007年から、それぞれのニーズに合わせた個別のカウンセリングを中心に、心理面からのサポートをおこなっております。悩んでいる方や困っている方のこころに寄り添い、共感することを大切にしながら、お一人お一人に対応しております。自分自身への理解を深めたり、他の人の様々な面に気づくことは、より質の高い人間関係の構築につながります。また、ストレスへの対処方法やコミュニケーションのスキルを身につけることは、セルフマネジメントにつながり、自分らしいライフスタイルへの第一歩になるでしょう。このような、当相談室の専門的なカウンセリングサービスを通じて、互いに尊重し、共に生きるという「こころのネットワーク」が広がることを願っております。


吉田心理教育相談室 代表 吉田直樹

公認心理師、臨床心理士、家族心理士、認定心理士、バイオフィードバック技能士、Certified Gottman Educator、DISCO(The National Autistic Society)、 EMDR PART2修了、ICEEFT(終身会員)、米国メリーランド大学卒業(専攻:心理学)、久留米大学大学院比較文化研究科臨床心理コース(博士課程前期)修了(学術修士)、同大学院心理学研究科(博士課程後期)単位取得満期退学。現在、小・中学校や医療機関、企業などでカウンセラー、大学などで講師も務める。子育て支援団体ママパパのアドバイザー。


■公認心理師とは

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

1.心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
2.心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
3.心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
4.心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供


■臨床心理士とは

文部科学省認可の財団法人「日本臨床心理士資格認定協会」が認定する「臨床心理士」資格を持った、臨床心理学を基礎とした相談や支援の専門家です。

■「臨床心理アセスメント」
来談者の話や心理検査などから、今抱えておられる心理課題やこころの状態を見立て、どのような支援が必要なのか一緒に話し合います。
■「臨床心理面接」
心理課題を解決していくために、カウンセリングや心理療法、心理指導などをおこないます。子どもの場合には、遊びを通して、気持ちを表現する方法を用います。必要に応じプログラムを組んだり、グループワークを通しての支援もあります。
■「臨床心理的地域援助」
課題解決のため、例えば児童・生徒の場合は担任の先生と必要に応じ連携するなど、ご本人の了解の上、周りの人々や環境への働きかけをおこないます。また、メンタルヘルスについての講演会など地域社会への啓蒙活動もおこないます。


■産業カウンセラーとは

労働省(現在の厚生労働省)許可の財団法人「日本産業カウンセラー協会」が認定する「産業カウンセラー」資格を持った、産業カウンセリングや職場のメンタルヘルスについての専門家です。


関連団体

子育て支援団体ママパパ ホームページはこちらです。


■アクセス

住所:〒857-0042 佐世保市高砂町14-2 高砂ビル2F
アクセス:佐世保市役所バス停から徒歩1分
駐車場:駐車場はご用意がないため、目の前にあります佐世保市営高砂駐車場をご利用ください(有料)
TEL:0956-56-3542 FAX:0956-56-3541 E-mail:info@y-sinri.jp